Pocket Garden ~今日の一冊~

大人も読みたい、大人こそ読みたい、大人のための児童文学の世界へご案内

命の優劣って

f:id:matushino:20191006094951j:plain

『戦火の馬』(2011年)マイケル・モーパーゴ作 佐藤見果夢訳 評論社



馬の視点から見た戦争の愚かさを描いた作品です。

そう、語り手がなんと馬自身なんです!そこがユニークで、大義名分なんてどうでもいい、とにかく“戦争は愚か”ということを実感させてくれます。

 

主人公の馬ジョーイは、愛する少年アルバートとの穏やかな農場暮らしを後にして、最前線に送られます。第一次世界大戦中は、まだ馬が軍馬として駆り出されていたんですよね。短いながらも、色々と考えさせてくれる物語です。

 

■馬の視点が教えてくれる人間の愚かさ

 

ところで、人間が主役だと、どうしてもどちらかの側から見た物語になってしまいがちだけれど、馬ならどちらにも属さない。人間はもちろん自分の国側の軍馬として属させてるつもりだけれど、そんなの馬には関係ない。名馬ジョーイはどちらの国側からも愛されます。

 

あらゆる手を尽くしてジョーイを救おうとする人々の姿には胸打たれますが、同時になぜそういう人たちが敵対してる国の人間は殺せるのだろうか、と複雑な気持ちになります。これって、ジョーイの目から見てるからこそ、浮彫になる矛盾。

 

印象的な場面として、ジョーイをめぐって、イギリス側ドイツ側がお互いに白旗をふり、コインで勝負をつけるというところがあるんです。そうそう、これでいいじゃない!!!もうどうしても戦わなければいけないのなら、国のトップがジャンケンやコイントスで決めちゃえばいいじゃないねえ。

 

どうして、そこまでして大勢の犠牲者を出さなければいけないのか。

偽善者はいつだって、駆り出された市民で、国のトップ層ではない。

 

 

まあ、答えは出てるんですけどね……。

 

それは儲かるから。

儲かる層があるから、簡単に終わらせたくないんですよね。

 

 

■命に優劣はあるのか

 

この物語は、終わりもいいし、とても感動的な物語なのですが。個人的には一つだけひっかかったところがあります。

 

それは、命に優劣はあるのか、というところ。

 

馬の命だって、人間と等しく尊い!と描かれてはいるのですが、ただね、ジョーイは名馬で美しかったのでみなから愛されたけれど、使えないと思われた馬たちの命はやっぱり軽んじられたわけでしょう?

 

馬に限らず人間だってそう。分かりやすい地位があり、人望あつい人の死は涙を誘うけれど、名もない人々の死は???価値ないとみなされたら、見殺しにされてしまう。人も動物も。価値ってなんだろう、って。

 

私はどうしてもそこがひっかかってしまった。

 

ところで、兵士の中にみなからアホ扱いされている人が出てくるのですが、本人によると、戦争が始まる前は町中の人から尊敬されていたんだそうです。けれど、戦争のあれこれに賛同しないから、積極的に参加しないから、戦争が始まったらアホ扱い。でもね、彼は何が大事なのか分かってるんです。だから、彼は思う、一体どちらがアホなのか、と。戦争をするほうが愚かなんです、絶対に。

 

映画化もされましたが、映画ではこの馬からの視点は描けないので、やはり本がおすすめです。

 

最後に、先日、Facebook上で自由と平和のための京大有志の会の声明文を何人かの方がシェアしていたものを目にし、とても共感しましたので、ご紹介。そう、戦争って防衛を名目に始まるんですよね。そして、すぐに制御が効かなくなる。名目だから、私たちは騙されないようにしないと。恐怖心に負けないで、戦争がもたらすものを忘れないようにしないと。

 

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

(自由と平和のための京大有志の会 声明文より)

 

 

好奇心で生き延びる

f:id:matushino:20191002191021j:plain

『太陽の草原を駆けぬけて』(2014年)ウーリー・オルレブ作 母袋夏生訳 岩波書店

 

今日の一冊は、まぶしいくらいにたくましいユダヤ人一家の長い旅物語。

実話に基づいた戦争中の逃避行の物語なのですが、不思議と悲壮感はありません。

もちろんツライ日々なのですが、とにかくたくましくて、なんだか輝いているんです!

 

『太陽の草原を駆けぬけて』あらすじ

五歳のエリューシャと家族は、戦争で故郷を追われ、ポーランドから東へ東へと向かった。落ちのびたのは、カザフスタンの草原の小さな村。何もかもが未知の暮らしのなかで、エリューシャは友だちをつくり、言葉をおぼえ、狩りの知恵を教わり、たくましく成長していく―。終戦後、イスラエルにたどり着くまで、どんなときも前を向いて生きた、母と子の長い長い旅の物語。(BOOKデータベースより転載)

 

■くもりのない目と好奇心が身を助ける

 

主人公のエリューシャは好奇心旺盛な男の子。誰にでも好かれるところを見ると、愛嬌のいいチャーミングな子なんだろうなあ。

 

以前の裕福な生活から一転、びっくりするような原始的な暮らしに変わります。

 

家なんて、何これ!?竪穴式住居~?とツッコミたくなるような家。 

腕時計など大人でも持ったことのないような村人たち。

水道がなく、川から水をくみ上げてくる生活。

薪や石炭の資源が近くにないため、牛の糞を乾燥させて燃料にする日々。

 

牛糞の垣根の中に巣を作ったカッコウのヒナを捕まえて料理したり、野のウサギを追い込んでつかまえたり、冬は氷がはった川に穴をあけて釣りをする。それは、とてもワクワクする日常で、みじめさなんてないんです。

なかなかお肉が手に入らないと言う意味ではみじめなのかもしれないけれど、それ以上に貴重な肉を手に入れられたときの喜びが印象に残る。ああ、サバイバル好きにはたまりません!

 

イスラム教徒カザフ人の大家族との交流の様子もまたいいんですよねえ。

 

主人公のお母さんもかなり柔軟な方だけれど、最初のほうは宗教も違うカザフ人に対してはどうしても警戒していたんですね。でも、くもりのない目のエリューシャが、好奇心で突破口を開いてくれる。違いがあっても共存できるって確信させてくれるし、読んでいて、とっても楽しい!

 

そして、読んでしみじみ思うのは、自活できるというのは自由なんだなあ、ということ。

 

裕福だった戦前のようにお手伝いさんが全てをやってくれていた暮らしは楽だったかもしれないけれど、こういう状況下では何の役にも立たない。エリューシャは好奇心を持って何でもやってみようと楽しめたから、自由だった。そう、身の周りのことを自分でできるって自由なんですね。だからイキイキしてたんだ!

 

 

■才能を活かして生き延びる

 

さて、四人の子どものシングルマザーとなった主人公のお母さん。強くて美しくて、ちょっと不思議な人です。‟母は強し”という言葉がぴったりなのだけれど、決してその役割にだけ自分を閉じ込めていないところがいい。

楽器バラライカの才能があったお母さんは、お祝い事の席へ弾きにでかけてはご馳走をもらって帰ってくるようになります。

 

さらに興味深かったのは、タロットカード!

 

私自身は占いには興味なかったので、なんとなく宗教に入ってる人は占いとかしないイメージがあったんですね。でも、タロットカードとユダヤ神秘主義って結びついてるという考えもあるんですってね。イスラム教徒の人たちもお母さんのタロット占いと頼ってくるところが面白かった。

 

薬草にも詳しいし、このお母さんはちょっと魔女みたい。

 

そして、女も捨てない(笑)。

子どもたちを施設に預けて、自分は新しい恋人を作るなど、かなり自分を生きています。でも、ぜーんぜん嫌な感じがしないの。子どもたちは複雑だろうけれど、清々しいまでに自分を生きている母の姿をもう受け入れるしかないというか。

 

才能を活かし、工場勤めをしなくても、バラライカ演奏とタロット占いだけで生計をたてられるようになっていく様は、お見事です。

 

 

原作では彼らがイスラエルに到着したのちの生活も描かれているそう。読みたいなあ。

 

とっても興味深い旅物語として読めると同時に、難民問題や民族問題についてもさりげなく考えさせてくれる物語でした。読めてよかった!

 

 

先入観が試される物語

f:id:matushino:20190924194037j:plain

『嵐にいななく』(2013年)L.S.マシューズ作 三辺律子訳 小学館

 

馬と人間の関係って特別ですよね。

その秘密を探りたくて、立て続けに馬が出てくる物語を読んでいます。前回ご紹介した『わたしがいどんだ戦い』の主人公も、馬のバターなくしては心の回復はありえなかった。人間だけでは限界のあるところを、救ってくれるのが馬の存在なんだなあ。

 

犬や他の動物とどう違うのかというと、一番の違いは人間を乗せてくれるところかもしれません。人間には出せないスピードで、違う景色へと運んでくれる。一心同体となって。

 

今日の一冊も、そんな馬に救われていった少年のお話です。

 

嵐にいななく』あらすじ

悲劇を生き抜く強さを描いた感動物語

大洪水がきて、町をひとのみにしまった後で、主人公の少年ジャックは、新しい土地へと引っ越します。新しい町、新しい学校・・・不安を抱えた少年は、ちょっとした友達とのいざこざが原因で、学校も行かなくなってしまいました。そんなとき、処分されることが決まった一頭のみすぼらしい馬と出会います。「何とかしてこの馬を助けたい」。そのためには、馬を訓練しなくてはいけません。隣人のマイケルの力を借りて、少年は、馬を訓練することを勉強します。一方、マイケルは、足をけがして、世間との関係を絶ち孤独に生きていました。少年とかかわることで、マイケルにも変化が起きます。そんな中、再び、少年たちの町を大きな嵐が襲い、人々の関係を大きく変えていきます。
少年の、マイケルの、さらに町の再生と自立を描いた感動物語です。
いつだかわからない近未来を舞台にした本書は、現代に多くのテーマを投げかけています。
衝撃のラストに感動してほしい作品です。(出版社紹介より)

 

 

表紙絵の感じや設定から、古典的な物語なのかなあと思いきや。

読み進めて行くと、ちょっと何とも言えない気持ち悪さが出てきます。

馬車が交通手段の貧しい田舎暮らしと思いきや、ん???携帯電話も規制はされてるけどあるし、あれ?車もあるの???あれ?現代??

 

そう、これ資源を使い果たしてしまった近未来の姿。動物をペットとして飼うなんてとんでもないという時代なんですね。なんとも言えない気持ち悪さはここにあったんですね。

 

地域の人同士で協力しあって暮らしているし、個人的にはこういうシンプルな暮らしもいいじゃない、とは思うけれど、我慢はどこかで爆発してしまう。

誰かが抜け駆けしようとしたときの人々の怖さといったら!

 

みなさんがレビューでこぞって書いているとおり、ラストは衝撃です。

私もすっかりやられてしまいました(笑)。先入観って……!私もまだまだだなあ。

 

そういう意味では面白いのだけれど、なんでしょう?好みの問題かな。あまり感情移入できなかったからかな。私にとっては、あまり響きませんでした。

 

ただ、仕掛けは面白いし、限りある資源についても考えさせられるので、一読の価値はアリです。どうぞ、最後やられてください(笑)。

 

 

人は変われる

f:id:matushino:20190923140749j:plain

『わたしがいどんだ戦い 1940年』(2019年)キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー作 大作道子訳 評論社

 

一気読み!

以前ご紹介したこちら↓の続編です。

matushino.wixsite.com

 

原題は、”The War I Finally Won”。

 

そう!ついに、ついにWon、勝ったのです。長い長い戦いでした。1940年なので、戦争は終わってないどころか真っ只中なのですが、主人公のエイダ(14歳)はついに勝つのです、過去の記憶、過去の自分に。

 

前作では、実母からの虐待&ネグレクトがトラウマで悩まされていたエイダでしたが、今作では内反足の手術も無事終え、実母は戦争で亡くなります。

ところが、すぐにトラウマは消えず、もはや“心の癖”になってしまっているんですね。親切を受けても、愛を受けても、素直に受け取れない。どうしたらよいのかワカラナイ。読んでいてもどかしくなるし、ホントにエイダってかわいげがなさすぎる!!!とイライラするけれど、だからこそリアリティがあるんです。

 

この物語に出会えてよかった!と思う理由はたくさんあるのですが、中でもエイダのような可愛げのない子の内側が、どういう思考回路や心理があるのか知れるという点は、貴重です。表面に出てくる言動がすべてじゃないんだなあ、と再認識させられます。

 

■はざまにいるからこそのニュートラルな視点

 

さて、エイダの後見人となるスーザンは、明言はされてはいないけれど、同性愛者。

はざまにいるからこそのニュートラルな視点がとってもいいんです。例えば今回は、ユダヤ人の少女ルースを預かることになるのですが、家主のソールトン夫人は、ルースは敵国ドイツから来た子ということで、色々と受け入れられないんですね。でも、スーザンは違う。イエス・キリストを神としていないユダヤ教に理解を示すことができず、混乱しているエイダにこんな風に語ります。

 

「人はいつだって、自分の信じるものを選んでいいのよ。コリンズ牧師はうそはついていないわ。ご自身が心から信じていることをみんなに教えているのよ。ルースは別のものを心から信じているの。それはそれでいいのよ。」(P.160)

 

「宗教に、正しいとかまちがいとかいうのはないの。ただ、考え方というのは複雑なの。ただ、考え方がちがうだけなのよ。」(P.203)

 

 

自分がマジョリティとは違う立場にあった彼女だからこそ、口先だけではないニュートラルな視点が出てくるように思いました。

 

 

■人それぞれに背景あり

 

ところで、今回は新しくユダヤ人のルースが同居人として登場してくるのですが、まあこのルースもプライドが高くて、エイダに負けず劣らずかわいくないんです(笑)。

 

そんなエイダとルースですが、心を閉ざしながらも、お互いが気になる存在であり、放っておけない。徐々に固い絆で結ばれていく様は感動でした。そう、絆って気が合うとか、好きなときだけ一緒にいるでは生まれないものなんですよね。嫌なときも一緒にいる、困難を一緒に乗り越えるからこそ生まれるもの。

 

この物語は嫌な人に思える人にも、それぞれに背景があることを思い出させてくれます。鉄の女のようなソールトン夫人にも、幼少期があったこと、愛情があること。エイダとソールトン夫人がロンドンを歩き回る様子はじわじわと感動しました。不器用な二人が、相容れることのないように見える二人が、少しずつ距離を縮めて行く。

 

人それぞれに背景あり。それって、当たり前のことだけれど、忘れてしまいがちなんですよね。それを思い出させてくれる物語です。

 

その他にも、ある言葉をきっかけに、エイダがようやく母親のことを理解する場面、自分でも気づかないうちに涙を流し、感情を取り戻していく様は感動的でした。

 

皮肉な話ですが、戦争という極限状態があったからこそ、この物語のような人種宗教を超えた絆や、階級を超えた友情が生まれたのも事実です。だからといって、戦争にポジティブな面があるというのは違うのだけれど。どんな状況の中にも光はあるってことです。

 

踏み出す勇気をもらえる物語です。ぜひ!

 

 

※お知らせ:コーチングカードと児童文学の異色のコラボ第3弾を開催します!

詳細はコチラ↓

 

www.facebook.com

高円寺・阿佐ヶ谷の魅力的な本屋さん

 

f:id:matushino:20190919172318j:plain

えほんるすばんばんするかいしゃ

高円寺・阿佐ヶ谷本屋巡りの続きです♪

 

本屋巡り、突然思い立って行ったのでリサーチ不足に加え、思ったよりもキツくて件数回れませんでした。ブックカフェ系ははしごするにはおなかもキツい(笑)。以下ささっとご紹介

 

【文禄堂】

(写真なし)北口駅前真ん前。あゆみブックスがプロデュースしている新刊書店さんで、駅前に一つあると嬉しいタイプの本屋さんでした。

 

えほんるすばんばんするかいしゃ

上記写真。赤い木枠のドアが目を引く絵本・児童書の古書店。洋書もちらほら。

大切にされているんだなあ、という感じで古書たちが嬉しそうに並んでいるのが印象的。

 

おお、こんなマイナーな本まで!と嬉しくなるようなものも揃っていましたが、残念ながら連れ帰った子はいませんでした。だって、連れ帰りたいと思った本たちは、既に家にあるんですものー(笑)。

 

コクテイル書房

f:id:matushino:20190919173124j:plain

外側にある『まちのほんだな』

f:id:matushino:20190919173108j:plain

『まちのほんだな』


古民家を改築したレトロな雰囲気のブック居酒屋。

おなかはいっぱいだし、中には入らなかったのですが、カウンター越しにずらっと並ぶお酒が気になりました~。

外には写真のような『まちのほんだな』が設置されています。本棚にあるほしい本と、自分では読まないけれど、他の人に読んでもらいたい本を交換するというシステム。

 

ただ、これ難しいだろうなあ、と。結局いらない本が集まってきちゃうんじゃないかな、そんなことも頭によぎりました。

で、帰宅してホームページ拝見したら店主さんの熱い思いを発見!ぜひご一読ください↓

 

koenji-cocktail.info

 

ほかにも高円寺で寄りたいお店はあったのですが、定休日だったりおなかいっぱいで寄れなかったり。というわけで、阿佐ヶ谷へ移動。

 

title

f:id:matushino:20190919173317j:plain

選書が素敵title

青梅街道を約10分ほど歩いたところにあるのですが、気分的にはかなり遠かった(笑)。

それでも、次から次へとお客さんが来るのです。

選書がとっても好みだったので、私たちもかなり長居しましたが、他のお客さんも基本長居。池袋リブロを退社して独立した店長の辻山良雄さんのお人柄が現れるような本屋さんでした。

2階はギャラリーに、奥はカフェになっています。

 

 

これしかまわってないのに、夕方。今回はこれにて帰路につきました。

寄れなかったところもたくさんあるので、また行きたいと思います♪



聖地?アール座読書館

f:id:matushino:20190916152956j:plain

高円寺にあるアール座読書館

昨日は予定してたものがなくなったので、急きょお友だちと以前から行きたかった西東京ブックツアーへ!

 

用事のあとは疲れて直帰しがちなので、もうこれだけを目的に行かねば!!!と思い、ずっと行ってみたかった高円寺アール座読書館へ。

私語厳禁という隠れ家中の隠れ家といった感じ。

 

8月からオープンしたばかりの1階のホルモンの字がかなり目立ちます(笑)。

 

f:id:matushino:20190916153252j:plain

アール座はもうね、階段からスゴイ雰囲気。

壁紙ボロボロですがな(笑)。

これも全部ファンに“味”と思わせてしまうのだから、アール座すごいです。

どんな世界に連れて行かれるのだろうという、ワクワク感。

 

扉を開けばそこに広がるのは......

 

f:id:matushino:20190916153045j:plain

f:id:matushino:20190916153204j:plain

私たちは一番乗りだったので、写真撮りましたが、他のお客様いたら写真撮れない雰囲気です。

聞こえるのはマスターが食器を静かに鳴らす音と水槽から聞こえるコポコポという水の音、ページをめくる音だけ。世界観がすごい。

 

きっと誰も書かかないであろうことを正直に書くと、きれい好きな方には向いてないです(小声)。椅子も座り心地がいいとは言えないので、長居はそんなにできないかなあ。長居されても困るのか(笑)。

 

書棚には数は少ないけれど児童文がや絵本もあって、嬉しかった。

その他並んだ本にも興味津々でしたが、私が手に取ったのは漫画(笑)。

島崎藤村の『破戒』漫画バージョンを読みました。なんか、落ち着かなかったので。

みなさんが落ち着く落ち着くとおっしゃってる場所で、落ち着かない私。

 

そのあと、ふと壁際に並んだノートの数々を見始めたら止まらなくなりました。

 

そこに綴られていたのは、個人個人の思い。

失恋、友人関係の悩み、仕事への不安、家族との軋轢etc.etc.

 

ああ、みんな悩んでる。しかも、かなりシリアース!!!

 

ネットの書き込みと似てるとも言えなくもないけれど、明らかに違う。

手書きって醸し出す雰囲気が違う。出てくる言葉が多分変わってくるんだと思います、無意識のうちに。

アール座は、誰にも言えない素直な気持ちを吐きだせる場所なんだなあ。

 

それには静寂が必要。

一人になることが必要。

受け止めてくれる存在(ここではノート)が必要。

 

ネットともう一つ違うのは、お返事がほとんどないし、あったとしても書いた人が読む確率が低いこと。

ネットはお返事も多いけれど、心無いものも多く、かえって傷ついたりする。

ノートに書き込むことは、日記とも似ているけれど、お返事はなくとも、誰かが読んでくれるかもというところが日記との違いかな。

誰でもいい、ただただ聞いてほしい、それが実現する場所。

 

余談ですが、ウケたのは筆談もそのノートに書かれているのですが、彼氏と来た彼女の

“え、もう飽きたの?出る?”

という走り書きや、友だちと来た子の

“前に座ってる子見た?イケメンじゃん?”

“見た見た!逆ナンいっちゃう?”

“ナンパも筆談なのかなあ笑?”

 

という書き込み。シリアスな自分語りが多い中で、ぷぷっと笑わせてもらいました。

 

 

ここは多くの人にとって、自分と向き合える場なんだろうなあというのがよく分かりました。聖地としている人が多いのも分かる気がする。

ちなみに3階にある“エセルの中庭”のほうは、おしゃべり可だそうです。

【アール座読書館】

住所:東京都杉並区高円寺南3-57-6 2F
電話番号:03-3312-7941
営業時間:火~金曜13:30~22:30(L.O.22:00)、土日祝12:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:月曜(祝日の場合は翌火曜休み)
最寄駅:高円寺

 

※お知らせ:コーチングカードと児童文学の異色のコラボ第3弾を開催します!

詳細はコチラ↓

カードと物語の力で自分を知るワークショップ



 



 

穴ファンのためのガイドブック

f:id:matushino:20190906203729j:plain

『道 ROAD』(2003年)ルイス・サッカー作 幸田敦子訳 講談社

 

今日の一冊は、ゴメンナサイ、個人的には響かなかった一冊。

 全米で大ベストセラーになり、ディズニーで映画化もされた『穴 HOLES』の続編です。

 

matushino.wixsite.com

 

『穴HOLES』での主人公がスタンリーがユーモアたっぷりに更生キャンプ地でのサバイバル法を伝授してくれるガイドブックです。

30分くらいでさらっと読めてしまいます。

 

あとがきを先に読んで、大丈夫かなと思ったのですが、私には物足りなかったかな。訳者さんのように深く読めなかったなあ、私には。

 

うん、これは『穴HOLES』の熱烈なファンのためのファンブックなんだと思う。

売れたから周りからサイドストーリー出せばと勧められて書いちゃったのかな……(←小声)。

 

確かにユーモアたっぷりだし、教訓めいてもいないし、章ごとの最後にあるクイズは自分がいかに固定観念に縛られているかに気づかせてくれる。

だけど、忙しい合間に読んだタイミングも悪かったのかも。「あ、ごめんスタンリー、私そんなに暇じゃないんだ」と言いたくなってしまいました(←上から目線失礼)。

 

それにしても、どうしてこんなに物足りなく、浅く感じるのだろうか。

そこで気付いたのは、あ、物語が足りないからだ!と。

 

ガイドブックはハウツー本と一緒で、答え(らしきもの)がそこにあるのですが、それにまつわる追体験が十分にできないんですよねえ。

だけど、ファンは楽しいと思います。またあの仲間に再会できる。

 

そんな一冊でした。